ハムかつサンド

シーズン総括

【2022シーズン選手別振り返り】【22】杉浦稔大

投手陣でこの選手の不調が一番、チームにとって大きかったのではないでしょうか。 昨季、クローザーを任され、何度かの放牧がありましたが28セーブを記録、背番号も22に変更して臨んだ杉浦でしたが、キャンプ中に左太もも肉離れで出遅れ、チームのクローザー不在という事態につながってしまいました。
ファイターズコラム

【球辞苑感想】0-2からの攻め方が対照的な伏見と宇佐見

W杯で日本が敗れた直後に放送された番組、NHKーBSの球辞苑で「ノーボールツーストライク」というマニアックなテーマが放送されましたので、この番組の感想とやらを書いていきたいと思います。 加藤が「2球で追い込む割合ランキング」で5位、
シーズン総括

【2022シーズン選手別振り返り】【21】清宮幸太郎

プロ入り5年目、ようやく過剰な注目度に実力が追いついてきた、そんな印象です。鳴物入りでプロ入り後、高卒ルーキーから一軍で多く起用されてきましたが、本塁打7本、打率2割の壁に何度も跳ね返されてきた清宮でしたが、今季はHRは大きく、打率はなんとかですが超えることができたシーズンでした。
球団運営・編成関連

【山口アタル】ついにベールを脱いだ?隠し玉選手はこんな選手

先日、新入団選手の記者会見が行われました。今回、注目したいのは、ドラフト会議で隠し玉として報じられた山口アタルです。指名時はどこから情報を集めてきたのか?指名に至る経緯自体が謎の部分もありましたが、今日公開されていた記事でここまでの経緯などが書かれていたので見ていきたいと思います。
シーズン総括

【2022シーズン選手別振り返り】【20】上原健太

気づいてみると、キャリアハイの成績だった上原でした。 昨オフの話題となった二刀流挑戦でしたが、一時的にファームで打者の調整をした以外は、あとは今季のほとんどは投手・上原でした。今季はシーズン序盤は中継ぎとしての登板機会が多く、交流戦の頃から先発転向し、シーズン最後まで走り続けました。
ファイターズコラム

【NPBアワード】松本がベストナイン受賞も、得票低すぎじゃねえ問題発生?

昨日、NPBアワードが行われまして、ファイターズからは唯一人、松本が外野手部門で受賞いたしました。おめでとうございます。 1人とはいえ、ベストナインに滑り込めたのはチームとしては収穫であることは間違い無いのですが、しかし、あと少しという選手もいなかったのは少々淋しかったりします。
レギュラーチェック

【日本ハム2018年度レギュラーチェック】Aクラスも大卒野手、外国人野手不振で転落の予兆

ファイターズは育成の球団を標榜していますが、果たしてその育成はうまく行っているのか? ドラフトの指名・外国人の補強は的確だったのか? レギュラー選手の移り変わりを見ることで確認していくシリーズ、今回は2018年を振り返って行きます。
シーズン総括

【2022シーズン選手別振り返り】【19】金子千尋

バファローズから自由契約で入団し、4年目。残念ながら来季のチームの構想から外れることになってしまいました。 元々はバファローズのエースとしてファイターズのライバルとして立ちはだかっていた金子が、力の衰えは見せつつある時期ではありましたが、縁が入って加入してくれたことは大きな感激でした。
球団運営・編成関連

【背番号】3選手が背番号変更発表、球団の想いを紐解いてみる

球団から3選手の背番号の変更が発表されました。松本が12→7,野村が24→5、玉井が54→19に変更になることが発表され、背番号一桁がスカスカだったのでどうなるかと思いましたが、ある程度想定できたメンバーがつけることになったのかなという印象です。
シーズン総括

【2022シーズン選手別振り返り】【18】吉田輝星

4年目でついに一軍の戦力になりえた、今季はプロで戦っていけるきっかけは作ることはできたシーズンになったのでしょうか。 昨季までの三年間は先発として期待されましたが、一軍には何度か先発で機会をもらいますが、安定した内容とは言えず、停滞ムードが漂っていました。