【2023ドラフト】バランス重視の今回のドラフト

2023年度ドラフト会議が行われ、支配下ドラフトで5名、育成ドラフトで3名を指名しました。

スポンサーリンク

指名選手一覧

まずは支配下指名

  • 第1位 細野晴希 投手  左左 東洋大学
  • 第2位 進藤勇也 捕手  右右 上武大学
  • 第3位 宮崎一樹 外野手 右右 山梨学院大学
  • 第4位 明瀬諒介 内野手 右右 鹿児島城西高校
  • 第5位 星野ひので外野手 右右 前橋工業高校

続いて育成での指名

  • 第1位 浜田泰希 内野手 右右 京都国際高校
  • 第2位 平田大樹 外野手 右左 瀬田工業高校
  • 第3位 加藤大和 投手  左左 帝京可児高校 

支配下指名が少なかったこと、それに投手は左腕のみ、野手は右打ちばかりと実は偏った指名にもなっているようです。

今回のドラフトは社会人、独立リーグの選手の指名が目立ちましたが、このトレンドに乗らず(?)我が道を進んだファイターズのドラフトでした。

指名選手所感

上位が大卒、下位、育成が高校生と即戦力期待と大化け期待と狙いがはっきりしたドラフトだったと思いますが、1人ずつ簡単に触れていきたいと思います。

まずは1位の細野ですが、西舘勇→前田と外しての指名ですが、正直個人的には細野指名がファイターズぽいだろうなあと見ていたので、ある意味予想通りになりました。

最大出力は今季のドラフト候補生でもトップクラスですが、制球力に課題のある投手というのが少々気にはなります。

コントロールにうるさい新庄監督ですから果たして我慢して育てることができるのか、少々心配です。

この指名は球団としては是が非でも即戦力投手が欲しいということではなかったように感じました。

今回はあくまで球団のリストの優先順に指名したように感じますし、即戦力期待なら高校生の前田の完成度がいくら高いからといっても2回目の指名はしていなかったと思いますし、先発ローテでの期待なら大卒以上でもう少しまとまったタイプの投手を指名していたようにも感じます。

時間がかかるタイプのよう感じますが、ポテンシャルは抜群ですから期待していきたいところです。

2位の進藤は個人的には会心の指名です。

捕手の指名がないと昨年から散々書いた身としては、待望の指名でバランスを考えると高校生の指名が望ましいのですが、田宮の下の世代の捕手はどうしても将来的にも必要でしたし、来季を考えると日本人2番目の捕手のレベルをしっかりと高めたいですから、そういう意味ではうってつけだと思います。

3位の宮崎ですが、アスリート系の大卒外野手を取ってきましたね。

外野手はやや飽和状態ではあるので、高校生でもいいかなと思いましたが、高校生にそのタイプが少ないことを考えると、大卒でも仕方ないかなと思います。

五十幡がなかなか殻を破れないですし、センターらしいセンターが固まっっていないファイターズですから意外に早くチャンスはあるかもしれないですし、五十幡、江越もうかうかしてはいられないですね。

明瀬はよく4位で指名できたなとは思いますが、今のファイターズですと同じタイプが多いですし、いい選手だとは思いますが、今のチーム構成のファイターズではどうなの?と思います。

主にファーストを守っていましたが、サード、外野も守れるらしいということですが、それにしても上は清宮、野村、ファームでは有薗、阪口と被ってしまいます。

高卒ショートがまだまだ残っていただけに、ここで行って欲しかったなあとは思います。

最後の5位の星野も外野手ですね。

彼もアスリート型の外野手で潜在能力が評価されているようですし、若手の外野を補充できたことは良かったと思います。

高卒ショート取らないのかなと思いましたが、育成で指名した浜田は上のレベルでショートに挑戦するとのこと。

他のポジションからショートへのコンバートはあまり成功例もないように、難しい挑戦になりそうです。

平田もアスリート系外野手と新庄監督の好みの選手ですし、最後の指名となった加藤も潜在能力を秘めた左腕投手と高校生はポテンシャル重視によった指名に感じますね。

感想

個人的には高卒ショートの選手を支配下で指名して欲しかったところはありますが、課題の捕手で最高の選手が指名できたこと、若手が少ない外野手も補充できたことは良かったと思います。

上位が即戦力期待の指名に対し、下位指名がポテンシャル重視と来季への戦力強化と将来の大化け期待をうまくバランスとって指名してきた印象です。

一方、上沢、加藤の穴埋めで即戦力投手を多く指名するのでは?という声もありましたが、細野のみの指名でした。

仮に上沢、加藤が抜けても現有戦力で回せるという自信も感じますが、一方、リリーフタイプの即戦力は1人くらい指名しても良かったのかなと思います。

長年ブルペンを支えてきた井口が退団になりましtので、そのような穴埋めをあっても良かったのかなと感じます。

個人的は満点は挙げることはできないものの、うまいドラフトはできたんじゃないかなと思います。

というわけで以上、ハムかつサンドでした。

コメント