【2023年総括】今季のファイターズを振り返る〜野手編〜

さて、今回は野手編の振り返りを行っていきたいと思います。

スポンサーリンク

守備

今季のファイターズ、いやここ数年間のファイターズの課題と言ってもいい守備ですが、今季も悪い意味で目立ってしまいましたね。

長年の課題だったショートが上川畑で固定できるか?と期待されましたが、2年目のジンクスにどっぷりハマり、結局は振り出しに戻ってしまいました。

上川畑も打撃だけならともかく、新球場の芝にここまで彼が苦しみ、守備が崩れるとは想像はしていなかっただけに、チームとしても1番の誤算だったかと思います。

彼に変わる選手がいればまだしも、ショート候補はどんぐりの背比べで後半戦は奈良間を重点起用していましたが、現状は肩の強さを考えるとセカンド向きにも見えますし、細川も内野外野兼任ということもあり、守備の粗さも目立ってしまいます。

山田も肩の強さに魅力はあるのですが、プレーが本当に粗いんですよね。

谷内が現役引退、中島は来季の構想に入っているかも怪しそうですし、候補の頭数は多いポジションですが、決め手がない状況。

補強ポイントとして考えたいのですが、ポジションダブつき問題をある程度解消しないといけませんし、なかなか難しい問題になっています。

セカンドも同様で加藤がハマればとの期待もありましたが、守備面で大きく不安が残り、来季以降は別ポジションが主になりそうです。

上で挙げた選手らが対象になりそうですが、来季は二遊間の方方だけでも固定したいところです。

そこが固まらないと失策は減らないですし、併殺を取り損なうケースも減らないのではないかと感じます。

外野は万波のレーザービームが大きな武器になりましたが、五十幡がセンターではまらず、センターラインは固められていいません。

捕手は伏見がメインになりそうで、若手の育成も兼ねながらになっていきそうですが、将来の正捕手候補という強い印象を残してくれる選手が出てくれれば、明るい希望がこのポジションに関しては見えてくるでしょう。

攻撃

まず万波の成長、これが今季の1番のトピックスで、無論、数年続けないと本物とは言えないのですが、打撃内容もしっかりしているので、来季もそのまま期待していいのかなと思います。

清宮は故障、野村は悩み、思った以上の数字を上げることができませんでしたが、成長の途上の回り道とも思えますし、この悔しさを糧に来季は頑張ってほしいですね。

アリエルの加入は大きかったのですが、このチームの1番の課題はやはり中軸以外の打者が人材不足なところです。

このタイプでレギュラーと言える選手は松本のみで、ポジション的にはやっぱり二遊間の選手なんですよね。

一番育成の難しいポジションですが、ここをなんとかしないと、やはり上位進出は厳しいです。

中軸以外の選手が決まらないと、機動力を活かす、小技で繋ぐことが難しく、結局中軸の一発頼みでしか点が取れない、これがファイターズの攻撃力不足の1番の原因です。

ここ近年のドラフトの影響も非常に大きく、いわゆるスタータイプの選手ばかり指名してきたツケを払わされているようにも感じます。

この問題は短期間でなんとかできるほど簡単ではないですから、チャンスメーカータイプの選手もどんどん指名してほしいところです。

というわけで以上、ハムかつサンドでした。

コメント