【夏の甲子園】仙台育英が悲願の東北勢初優勝!!大会振り返りもするよ!

2022年度の夏の甲子園は 仙台育英 が東北勢初の優勝で幕を閉じました!!

おめでとうございます!!

大会を振り返りはこちらもどうぞ。↓

スポンサーリンク

決勝戦レビュー

123456789R
下関国際
0
0
0
0
0
1
0
0
0
1
仙台育英
0
0
0
1
2
0
5
0
x
8

個人的には仙台育英が有利と予想、下関国際が勝つにはロースコアに持ち込み、持ち前のしぶとさを活かす展開に持ち込むことが条件と見ていました。

そのためには下関国際の先発の古賀投手の出来がこの試合のキャスティングボードを握ると見ていました。

この日の古賀投手の出来がかなりよく、仙台育英打線も一回り目は音無しで、下関ペースになるかと思いましたが、2回り目から育英打線が古賀投手に対応していき、5回までに3点をリードすることができたこと、これが育英勝利へ大きく進んだと思います。

仙台育英の先発の斎藤投手も素晴らしい出来だったのですが、下関も2回り目に対策をしてきたのか5回に無死1、2塁のチャンスを作ります。

しかし、ここで送れなかったのが今思うと痛かったですね。

バントする前に内野手が強烈なチャージをかけてきて、その次にバントをするのですが、チャージが効いたのかしっかりバントできず投手前のイージーゴロのバントになってしまい、ランナーを進塁できなかったことが試合展開に響いてしまったのかなと思います。

仙台育英のバントへの素晴らしい対応が、下関のバントを封じましたね。

下関国際は準決勝で仲井投手を早めにリリーフさせたことが、この試合の終盤に響いてしまいました。

ストレートが本来の力ではなく、7回の満塁HRなどの大量失点に繋がってしまったかと思われます。

下関は育英の投手陣にしぶとい打撃をさせてくれなかったことも大きく、育英投手陣が終始、下関にペースを握らせなかったことも大きな勝因の一つでは無いかと思います。

今大会の特徴

投手を複数育てないと、上位に進出できない、そのことがはっきりした大会でしたね。

仙台育英がエース級を5人揃え、試合展開、対戦相手などで細かい投手運用で乗り切ることで栄冠を手にしました。

下関国際は今大会では先発・古賀、抑え・仲井と投手リレーが確立されていましたし、ベスト8で敗退した大阪桐蔭は3名の先発完投可能な投手を揃え、ローテで回すような運用もしていました。

今後、夏の甲子園で勝ち上がるには、複数投手の育成がマスト、そして投手運用の巧みさが問われるようになっていきそうです。

野手面では今大会は守備面がしっかりしているチームが多かったと感じています。

それもエラーしないといった単純なものではなく、バントシフトやあるいはサインプレーのような難易度の高い守備力を今後、今以上に問われてくるのでは無いかと思います。

今後のドラフトで注目したい選手

さて、大会前にファイターズが狙いたい選手として、チームの年齢構成などを考慮して、僕なりの提案を書かせていただきました。

  • 大卒・社会人即戦力投手(特にリリーフ適性ある選手)
  • 高卒捕手
  • 外野手(特に高卒)

今回は高校生に絞って書いていきたいと思います。

あと、内野手のところで身体能力、センスの高いショートがいれば、検討余地あり、と書かせてもいただきました。

隠し球のような選手ではなく、容易に名前が想像できる選手を取り上げますが、この大会での自分なりのその選手の感想を書いていきたいと思います。

捕手・大阪桐蔭 松尾汐恩

優勝候補大本命と言われた大阪桐蔭の3番捕手として出場、惜しくも準々決勝で敗退してしまいましたが、打撃では聖望学園での2打席連続HRなど14打数8安打と大活躍、捕手としても旭大高戦の一塁悪送球のバックアップからの素早い二塁送球からのアウトなど、捕手として俊敏な動きも見せてくれました。

さらに三塁守備につく場面などもありユーティリティぶりも見せてくれたりもしましたが、そんなところから、小柄な体格も踏まえると実は捕手よりも内野手向きなのかもしれません。

全国からマークされるチームで複数の好投手をリードする経験は、彼しか体験できなかった貴重な経験はプロでも十分生かすことができそうです。

どちらにしてもドラフト上位は確実視されている選手ですが、捕手としてみるか、他のポジションでの可能性を考えるか、意外に難しい扱いの選手なのかも知れません。

外野手・高松商 浅野翔吾

今大会最もインパクトを与えた選手として名前が上がるのは、彼ではないかと思います。

足の速さはそれなりに感じる場面があったのですが、守備面は正直あまりよくわからなかったというところです。

しかし、ウリの打撃は10打数7安打3HRという成績以上に、とんでもないインパクトを与えてくれました。

佐久長聖戦での2打席連続HR、しかも右方向、左方向と異なる方向にスタンドインさせる技術の高さ、しかも第一打席は浜風が吹いている甲子園では難しいライト方向へしかも、右打者がスタンドインさせるパワー、高松商の監督さんが「打撃については後は上で学んでくれ」と仰られた通り、超高校級の打者であることは間違い無いでしょう。

しかも、あの近江・山田陽翔投手から3安打、しかも甘めのストレートだったとはいえ、バックスクリーンに放り込むスター性も見せてくれました。

小柄な体格が懸念材料にはなりますが、バファローズの吉田正尚のような選手もいますからそこまで心配はしなくてもいいのかなとは思います。

内野手 ・下関国際 仲井慎

身体能力、センスが高ければ取りたい内野手枠として、当ブログで推薦したいのは下関国際・仲井選手です。

リリーフ投手のイメージが強い選手でピッチャーとしては145キロを超えるストレートで強気に投げ込んで行く姿が印象的な選手です。

しかし、登板しない時は背番号「6」のポジションどおりショートを守っているのですが、守備もかなり軽快な動きを見せてくれます。

肩も強く、守備力もありそうなので、ショートとして育成するなら面白いかなと感じたので挙げさせていただきました。

最後に

ここでは3人の選手を挙げましたが、彼ら以外にも好選手はたくさん登場しました。

この大会を振り返りたい時、あるいは数年後気になる選手が甲子園でどのような活躍をしたか、気になった時に調べる際に僕がほぼ毎年購入しているのが下記の雑誌です。

試合のスコアはもちろん、学校別のコラムもありますので、大会を深く振り返りたい場合など、非常に有意義が雑誌です。

後で読み返すと、プロで活躍している選手が甲子園出場時には背番号が二桁だった、なんてこともあったりするので保管用に購入しておくと、後々楽しめることができますので、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

というわけで以上、ハムかつサンドでした。

記念品としてタオルも販売してます↓

コメント